About the doctor

みかどクリニック院長 三角大慈

みかどクリニック院長三角大慈

「心音セラピー」は、母親の心音を子供のツボに聴かせるもので、みかどクリニック独自に開発した治療法です。 母親の心音には、我が子を癒す不思議な力があります。このお母さんの心音を使った、この独自の子育て法は、長年の研究と実績によって、実証されています。

お母さんの心音によって子供の育つ力が育ち、母子の絆が強くなり、子供は元気にすくすくと育ちます。夜泣きがなくなり、元気な我が子の笑顔を見るにつけ、お母さんは子育ての楽しさを実感します。

《経歴》
1977年、山口大学医学部卒業。東京女子医大整形外科に入局。
生命不在の西洋医学に疑問を持ち、独自に東洋医学や整体、食養などを学ぶ。
客観背後の生命系と現象系を交流させる趣旨で、1981年に「天然医学」を主宰。
そしてついに、鍼治療を進化させた音による癒しの「NAM療法(SET療法)」を確立する。心音セラピーの開発者でもあり、親子の絆の素晴らしさを施術を通して伝えている。
2009年、福岡にて「みかどクリニック」を開設、現在に至る。

©  心音子育てくまもと All Rights Reserved.
PAGE TOP